2017年02月21日

2月21日、2000年ぶりに666の謎が解けた日

@@@@追記しました@@@

忙し過ぎてノストラダムスの預言解読どころではなかったが、歴史的にはちっぽけな熊本地震こそ、人類史上最後の時を知らせる大地震だったのでしょう。
誰もが知っている666という数字から、ノストラダムス大予言原典の6章66番の4月の地震は、その前にある米大統領選のトランプとクリントン開戦もイメージします。

 
010.JPG

以上、つまり、2016年4月14日から始まった熊本地震(6章66番)直後、私が1999年7の月は、2016年6月6日から始まる最後の審判と時期を限定したのは、これからまだ的中していないノストラダムスの全預言(パンドラの箱)が、集中豪雨的に2017年度中までに起こる可能性がある。

以下は、今年1月に投稿していた予知夢掲示板への返信を、AKB阿弥陀仏48願のHNで投稿しました。

Re: 神は絶滅したが仏は生きている

 投稿者:AKB阿弥陀仏48願  投稿日:2017年 2月21日(火)05時08分2秒
 

 > No.8627[元記事へ]
弥勒仏567さんへのお返事です。
> NHK・Eテレで毎週金曜日に放映されているモーガンフリーマンのTVシリーズの11月11日放映番組は、「この世界は現実なのか?」でした。
> このような全世界のノーベル賞学者ですら実証不可能な様々なこの世の謎に関しては、私はガキの頃から公開実験までして来たが、この世の不思議の全領域的な謎に関しては全て理解している。
> 現実なんて100%夢であり、我々の本体は高次元に属する永遠の生命から投影された影に過ぎないので、間もなく人類が滅亡しようが何が起ころうが、1ミリも心配する必要はないが、全人類73億人が年中無休24時間営業のドッキリカメラのような体験をさせられているので、何が起きてもパニックにならない事が重要なのです。

★夢なんて何万何億でも見ようが、一つも現実化しないのは、以下のノストラダムス大預言6章86番の封印がまだ解かれていないからでしょう。

第6章86番(山根和郎 訳)
ある日 偉大な高位聖職者 夢見ののち
逆の意味に夢を解いた
ある僧がガスコーニュより彼を訪れ
サンスの偉大な高位聖職者が選ばれるようにするだろう

この世紀の大預言を知らない人が多いが、平成22年2月22日から5日後に起きた以下の大地震からから封印が解かれて、平成29年2月22日こそ、完全に解き放たれるでしょう。
2010年(平成22年)2月27日午前5時31分、沖縄本島近海M6・9、糸満で震度5弱 本島99年ぶり 勝連城跡一部崩落
2010年(平成22年)2月27日15時34分、M 8・8、チリ中部沖(日本では17年ぶりの津波警報発令)

これもついでに・・・・

No.218843 前前前世の地球で絶滅した恐竜 投稿者:東海トランプ津波地域 投稿日:2017/02/21(Tue) 03:33

大地震だけが異常現象ではないように、春一番、二番でもない最近の異常な強風や寒波は、異常を通り過ぎています。
地球は人間のような下等動物ではないので、絶対に死なないなんて思っている下等動物がいるようですが、
多分、間もなく死んで新しく生まれ変わる御臨終のような地球が2017年でしょう。
恐竜のような巨大生物が絶滅した原因は、近年のような地球の異常気象が続いた事が原因としか思えないが、
拷問のような地獄の世界がこれから何十年も続くより、一発で絶滅させて欲しい気もする。

2月20日は歌舞伎の日で、1607年のこの日、出雲の阿国が徳川家康の前で初めて歌舞伎踊りを披露した。
坂東三津五郎氏は2月21日(2015年)にすい臓がんの為、59歳で亡くなり、あの予言が話題になって2年目が来ました。
歌舞伎界の大物が去り一週間後、千葉に大きな地震、首都完全麻痺、津波が襲い死者数20万人
この影響で大企業が次々倒産するので生き残っても辛い辛い人生になる
全然関係ない地方だが夕張みたいになる。農家だけは食べ物を確保でき安全
http://www.buzznews.jp/?p=1191004


009.JPG

今日も山に行って来ましたが、なんと年に一度も走らない熊本ナンバーが前を走りましたが、うっかりアイフォンを忘れていた。
幸い機種変更したスマホをワンセグとして使用していて、カメラも勿論使えるので、貴重な写真が撮れました。
これは、ノストラダムスの6章66番の4月の地震が熊本地震で正解という神仏からのメッセージと解釈しています。

010.JPG

これは本日、たま出版掲示板への投稿です。

posted by 弥勒&観音 at 06:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: